2007年12月05日

リフォーム訴訟

大阪府内に住む認知症の70代女性が、リフォーム業者に相場異常のリフォーム代を支払わされた上に、その業者が消費者金融(アイフル)から借金をする際、女性の不動産に抵当権を設定させられたとして、業者とアイフルを相手取った、約500万円の損害賠償を求めていた訴訟が11月8日に和解しました。
アイフルは抵当権を抹消し、解決金として業者らが計90万円を支払うことで合意したようです。
posted by アイフル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。